エボラ出血熱から子どもたちの命を救い、教育するボランティア

寄稿者:サミュエル・エンダース
(ヨンカーズイースト・ヨンカーズ・ロータリークラブ、米国ニューヨーク州)

ADAの子どもたちとサム・エンダースさん

ADAの子どもたちとサム・エンダースさん

西アフリカの貧困国、リベリアで育った私は、質の高い教育がいかに子どもたちに力を与えるかをよく知っています。9人兄弟の末っ子として生まれ、生後2カ月で父を無くし、ただ生き残るための食べ物を探すため、ゴミ箱をあさる生活を送っていました。医療や教育はおろか、服などの必需品もなかなか手に入りませんでした。15歳の時点で受けることができた教育は、小学校3年生程度のものだったのです。 多くの血が流れた内戦で、経済やインフラが大きなダメージを受けただけでなく、国民も深い痛手を負い、私もそんな不遇に耐えなければなりませんでした。不幸なことに、今日のアフリカの子どもたちも依然として同じ境遇に置かれています。

強い決心と神のお導きによって、私は組織的リーダーシップの学士号、神学と教育の修士号を取得することができました。現在はニューヨークに住み、MBAの取得を目指しています。そして今、教育を通じてリベリアの子どもたちを貧困から救うという活動に強い情熱を捧げています。

そこで私は2005年に、教育プログラム「African Dream Academy(ADA)」を開始、2011年までに、6,000人のリベリア人の子どもたちに、2週間単位の研修を年に数回提供しました。このプログラムの目的は、自分の夢を追いかける意欲を高めてもらうことと、生きていくために必要なスキルを学んでもらうことです。2012年には正規の学校となり、現在、幼稚園から4年生までの子どもたち、140名が学んでいます。

私の夢はリベリアの貧しい子どもたちに教育を提供することですが、この夢が、子どもたちを「死なせないようにする」ことに変わりました。これは、エボラ出血熱が蔓延しているためです。すでに貧困で苦しむリベリアは、エボラ出血熱の流行によって悲惨な状況になっています。ボランティアとして活動していた米国人が出国を余儀なくされる中、私は自分の安全を省みず、347人のボランティアを組織して、各地域に派遣し、エボラ予防に関する教育を行い、手洗いのための塩素水を配るという活動を始めました。

地元の人はこの病気について知識がないばかりか、そもそも手洗いできるほどの水もありません。 エボラの流行が抑えられるまでは学校も再開しないため、ADAは教師らと協力し、各地域で子どもたちに勉強を指導していくという計画を進めています。政府が学校の再開を宣言するまで、この活動を続けていく予定です。

リベリア中から私のところにかかってくる電話の内容は、エボラについての知識を深めたい、安全な暮らしのために、手洗いに必要な物資などを手に入れたい、という要請です。現在まで、私たちは20地域の1万世帯を訪れ、必要物資を提供したり、安全な水と衛生に関する研修を実施しました。また、ADAの子どもたちや教師、エボラ出血熱に関する知識がない地域社会の人びとに、食糧や医療物資を届けました。さらに、ELWA病院という、唯一のエボラ専門病院(ADAの学校から約2キロのところに位置)に救急車を寄贈しました。この病院にはそれまで救急車がなかったため、エボラと闘うための活動に支障をきたしていたのです。

このように私は、ロータリアンとして、一人のリベリア人として、また一人の人間として、行動を起こしました。もちろんこの活動は、簡単なものではなく、大変な作業を伴います。ですから、世界中のロータリアンや一般の方々にお願いしたいのは、私たちチームに希望とサポートを提供していただきたいということです。この活動に賛同していただける場合は、こちらからご支援をお願いいたします。

最後に、ADAの詳細はウェブサイトから、エボラ対策活動の写真は、私のフェイスブックページからご覧ください。

エボラ出血熱の流行による緊急支援のお願い

寄稿者: Monique Cooper-Liverpool (リベリア、モンロビア・ロータリークラブ)

訳者注): この記事は8月29日に寄せられたものです。9月18日現在、リベリアの死亡者は1,400人以上となっています。エボラ出血熱に関する情報は厚生労働省のサイトをご覧ください。

Ebola1リベリアでエボラ出血熱の感染が確認されてから5カ月以上が経過しました。政府による非常事態宣言に続き、特定時間の外出禁止令も出されました。国際線の航空会社9社がリベリアへの渡航をキャンセルまたは保留とし、運行を続けている2社についても航空券の取得が困難で、価格も高騰しています。

エボラ出血熱により、リベリア国内で613人の死者が出ており、病院、診療所、保健センターの機能低下、また、感染を恐れて活動できない保健従事者もいるため、さらに多くの死者が出ると予想されています。

リベリアは、過去3年にわたって国家予算の不足、貿易収入減、高いインフレ率、為替の高騰に苛まれており、今回のエボラ出血熱の流行がさらに追い討ちをかけました。

Ebola2そこで、モンロビア・ロータリークラブは7月の新年度開始に合わせて支援キャンペーンを開始。1,000米ドルを集め、保健員用の手袋10,000組を保健省に寄贈しました。

しかし、7月以降も感染数は増加し、私たちはさらなるリソース投入と緊急支援を行っています。保健省と国内有数の医療機関であるジョン F. ケネディ・メディカルセンターに勤務するクラブ会員を通じて、国の対策チームと連携し、最優先ニーズに関する正確な情報収集に努めています。

その後、各種団体、企業、個人から21,000米ドルの支援が寄せられ、クラブは現在、病院、保健施設、保健省に不足している医療品を届けるために奔走しています。当クラブは、これまでに次の物資を提供しました。

  • 医療用手袋10,000組
  • 手術用の殺菌加工の手袋3,000組
  • 婦人科専用の手袋1200組
  • 手洗い用の給水バケツ100個
  • ポリ塩化ビニルで表面処理された患者用マットレス80個
  • 保健員用のゴム長靴120組
  • 医療専用車へのガソリン券、石鹸、シーツ、マットレス用のカバー、臨時病院の待合室を設置するための防水シート、さまざまな医薬品、患者のための食料

保健省、および支援を寄せてくださっている企業は、これまでの当クラブの支援活動を高く評価しており、メディアからの関心も寄せられています。しかし、支援が増えている一方で、ニーズもさらに拡大しています。エボラ出血熱への緊急支援を続けていくために、当クラブは、10万ドルの募金目標を掲げています

世界中の皆さまからのご支援をどうかよろしくお願いいたします。

Monrovia_Ebola

エボラ出血熱: 現在、有効な治療法は確立されていない。感染者には支持療法が必要とされ、致死率は60~90%と極めて高い。感染者の体液や血液に触れることで感染する。症状は、高熱、発汗、下痢、嘔吐、出血、臓器不全など。

>> 厚生労働省:エボラ出血熱について

>> リベリア保健・社会福祉省ウェブサイト

>> 世界保健機関(WHO)のエボラ関連情報