【メンバー募集中】ロータリー財団の専門家グループ

~ 職業の専門知識を世界で生かす ~

現在、ロータリー財団専門家グループ(Cadre)のメンバーを募集しています。日本のメンバーが不足しているため、以下の内容をお読みいただき、申請をご検討いただくか、皆さまのお知り合いで適任と思われる方への情報シェアをお願いいたします。

ロータリー財団専門家グループとは、ロータリー重点分野のいずれか、または財務監査に関する専門知識をもつロータリアンのグループです。現在、75以上の国に500名を超えるメンバーが登録されています。

専門家グループのメンバーとなるには、ロータリークラブの正会員で、重点分野のいずれか、または財務監査の分野において2年間の職務経験がある必要があります。任命職ではないため、要件を満たしている会員はぜひご申請ください。

職務経験の例として、教師、医師、外科医、小児科医、マイクロファイナンス専門家、環境学者、水・衛生関連の土木技術者、難民・移民関連の弁護士、財務監査人などが挙げられます。これらに限らず、重点分野や財務監査に関連する職業として、そのほか多くの職業が考えられます。

使用言語について、英語のコミュニケーションスキルは必須条件ではありません。ただし、英語でのコミュニケーションができると大きなアドバンテージとなります。

専門家グループの役割

専門家グループの主な役割は、財団補助金の評価を援助することと、グローバル補助金を含むプロジェクトの立案と実施をサポートすることです。

財団補助金の評価: 補助金の評価には、補助金申請書の審査、プロジェクト実施状況の視察、財団資金の管理状況の監査などが含まれます。 2015年から2020年にかけて、100カ国以上の900を超えるプロジェクトで、メンバーによる視察が行われました。

プロジェクト立案・実施のサポート: 専門家グループのメンバーは、その専門知識やスキル、さらに地元地域に関する理解を基に、クラブや地区のプロジェクト計画・実施をサポートしています。グローバル補助金の計画でクラブを支援することで、持続可能なプロジェクトの実現へと導くことができます。また、グローバル補助金で要件となっている地域社会調査、モニタリング、持続可能性などについても、専門的知識を生かして助言や研修を提供できます。

メンバーのスポットライト

東京サンライズ汐留ロータリークラブのアンドリュー・ウォンさんは、形成外科医、そして免疫学の専門家で、幹細胞再生医療を専門としています。1989年にロータリーに入会し、専門家グループメンバーとしては約20年、数多くのロータリー補助金プロジェクトに関与し、人道的プロジェクトの立案や監査に従事してきました。

1998年に「超我の奉仕賞」を受賞。英語、日本語、中国語に堪能です。

お問い合わせ

ご質問は、国際ロータリー日本事務局財団室(RIJPNTRF@rotary.org)、またはヨギタ・シャルマ (Yogita.Sharma@rotary.org)までお問い合わせください。

(執筆担当:加藤)

最近の記事:
>> 最も貧しい国での豊かな生活
>> ロータリーボイス 2021年閲覧数トップ5
>> 街の新たな看板でロータリーをアピール

インパクトを測ることはなぜ大切なのか

データ重視のアプローチでプロジェクトの成果と進展を記録

『Rotary』誌2021年3月号より

ローターアクトとRYLA学友が結成したEクラブ「Rotary Social Impact Network (RSIN)」は、設立当初から奉仕活動においてデータ重視のアプローチを取ってきました。

加盟認証後の最初のプロジェクト「Plastic Free July」では、プラスチックごみに関する認識向上キャンペーンを実施。データでプラスチック使用量を計算し、プラスチックごみの少ない生活様式を促進することが狙いでした。クラブはまず、オンラインの環境インパクト計算機を使って各会員が一日に使うプラスチックの量を調べ、これを基準値としました。各会員が生活様式を切り替える努力をし、プロジェクトの終わりにもう一度計算して成果を確認しました。

続きを読む

グローバル補助金申請書の承認のチャンスを高めるために

よくある質問に補助金担当スタッフがお答えします

ロータリー財団は、ロータリーの重点分野のいずれかに該当する大規模で持続可能な活動を支えるために、2013-14年度にグローバル補助金を導入しました。以来、この補助金は大きく成長し、補助金の授与数は50パーセント以上増加しています。2019-20年には1,350件のグローバル補助金が授与され、その総額は1億ドルを超えています。

ロータリー勤続歴25年の財団補助金担当ディレクター、アビー・マクニア(エバンストン・ロータリークラブに所属)が、グローバル補助金申請書の承認のチャンスを高めるためのヒントをご紹介します。

※この記事は、『Rotary』誌2020年11月号に掲載された記事を翻訳・編集し、日本の読者向けに【日本向けのアドバイス】を追加したものです。

続きを読む

グローバル補助金 申請のヒント

寄稿者:宮里 唯子(茨木西ロータリークラブ会員、第2660地区財団委員長)

20150107_LK_055ロータリー財団の「グローバル補助金」をご存知ですか?どのクラブでも、海外のクラブと協同で申請でき、規模の大きい奉仕プロジェクトや奨学金、職業研修グループを支援できる補助金です。

ただし、グローバル補助金の申請に興味はあっても難しくて…というクラブが多いのも事実です。そのようなクラブに、私たちは以下のように助言しています。 続きを読む

創造的な理科教育で教育格差を縮める

寄稿者:ポーリン・リャン(台北北安ロータリークラブ会員・第3520地区パストガバナー)taiwan blog story

4年前の春の雨の日、私は数人の若い教師たちと台湾の教育制度について話していました。国は12歳までの子どもへの無償教育を拡大しようとしており、私は非識字を減らすのにいい政策だと思っていました。

しかし、その教師たちはリソースが少なく競争力を保つのが難しい遠隔地の学校への影響を心配していました。そういった学校の子どもたちは、大学や短大に入るのに必要な課外学習を受けていないのだと言っていました。

2014年1月、児童福利連盟の報告書で、都市部と農村地域の大きな格差が指摘されました。遠隔地のリソース不足が、多くが先住民族である子どもたちの成績不振につながっていたのです。 続きを読む