各地のロータリー奉仕デー

2021-22年度の会長イニシアチブの一環として、シェカール・メータ国際ロータリー会長は、実践的かつ行動的なロータリー奉仕デーの開催をクラブに呼びかけています。この行事は、ロータリー重点分野の一つ以上に該当し、ロータリー内外からボランティアを集め、地域社会の課題に取り組むものとすることが奨励されています。

今年度、すでに多くのクラブがロータリー奉仕デーを実行しています。その一部をご紹介します。

日本:広島陵北ロータリークラブ、広島北ロータリークラブ、広島安佐ロータリークラブが協力し、ロータリー奉仕デーとして旧太田川と河川敷の清掃活動を行いました。会員のほか、その家族や地元の学友会、地域ボランティアを含む合計270人が参加しました。詳しくはこちらから

フィリピン:フィリピンでは、Narvacanロータリークラブが、Makatiロータリークラブ、Alabangロータリークラブ、第3790地区の他のクラブと協力し、台風「マリン」の影響による鉄砲水の被害を受けた地域住民に食糧と生活必需品を提供しました。詳しくはこちらから

ナイジェリア:Owerri Community BaseローターアクトクラブとOwerri Metropolitanロータリークラブが協力し、世界肝炎デーにちなみ、地元の市場で250人以上を対象に無料の肝炎テストを実施しました。詳しくはこちらから

トルコ:3つのロータリークラブ(Bursa Heykel、Bursa-Tophane、Muradiye-Burse)とBursa Heykelローターアクトクラブが海岸の清掃活動を行い、一般市民にも参加を呼びかけました。詳しくはこちらから

米国:第5240地区の複数ロータリークラブが、非営利団体「Big Brothers/Big Sisters」と協力し、学用品を必要としている地域の子どもたちに、学用品が入ったバッグを提供しました。詳しくはこちらから

これらのプロジェクトはいずれも、ロータリーショーケースに掲載されました。皆さまのクラブで実施したプロジェクトもぜひご掲載ください。ロータリー奉仕デーの実施に関心があるクラブは、こちらのガイドラインをご参照ください。

最近の記事
>> 人の力とつながり:2022-23会長テーマのロゴ
>> 活動のインパクトをこの目で見る
>> 【メンバー募集中】ロータリー財団の専門家グループ

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中