大きな目標に向けた小さなステップ

寄稿者:ラファル・トンデラ(ワルシャワ・ユゼホフ・ロータリークラブ/ワルシャワ・ローターアクトクラブ会員)

さまざまな方法で水・電気を節約し、プラスチックゴミの無駄を減らしました

豊かな自然はポーランドの誇りです。国際ロータリーが正式に「環境」を重点分野のひとつに決めたとき、当地区(第2231地区)のインターアクトクラブ、ローターアクトクラブ、ロータリークラブは大喜びしました。これを記念してプロジェクトを行うことに決めましたが、その成果は発起人である私たちも驚くほどでした。

「大きな目標に向けた小さなステップ(Small Steps Towards a Bigger Goal)」プロジェクトは、第1920地区(オーストリア)のローターアクターたちによる「エコチャレンジ」からインスピレーションを得たもので、私たち独自の趣向も加えました。ポーランド国内16のローターアクトクラブとロータリークラブが、「水と衛生週間」である3月、ささやかな行為で大きなインパクトをもたらせることを実証したのです。

1週間にわたり、国内八つのローターアクトクラブと八つのロータリークラブが、簡単に実行できる「環境にやさしい」小さなステップを生活の中で実践しました。例えば、食器洗浄機を「省エネモード」に設定する、肉ではなく野菜を食べる、ペットボトル水ではなく水道水を飲む、などです。

参加者たちは、飲んだ水の杯数、使ったプラスチック袋の数、テレビ視聴の代わりに読書に費やした時間(電力節約のため)などを細かく記録。1週間後にすべてのデータを集計し、どのくらいの水や電力が地区内で節約されたかを算出しました。さらに、プロジェクトの結果や「環境トリビア」を紹介する動画もつくりました。

このプロジェクトの結果、水300万リットル、プラスチック700キロメートル分、電力3500ワット以上の節約に成功。歯磨き中に水を止める、(衣類乾燥機を使わずに)干して衣服を乾かすといったささやかな行為の結果としては、なかなかのものではないでしょうか?動画を全編ご覧いただき、プロジェクトの最終結果とトリビア(テレビ視聴による電力消費量はどれくらい?など)もぜひチェックしてください!

【関連記事】
>> e-waste(電子廃棄物)を雇用につなげる
>> 分野特化型クラブで若い世代の関心に応える
>> 緑の散歩道プロジェクト

【最近の記事】
>> 世界で機会の扉を開くロータリーの「外交官」たち
>> ハイブリッド例会を始めてみよう
>> 世界各地のクラブによる環境プロジェクト

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中