トーストマスターズとロータリー:東京で力をつなぐ

寄稿者:ニコラス・ボルツ(東京広尾ロータリークラブ)

皆さんももう何度も耳にし、実際に感じていることと思いますが、2020年は私たちが知っていた生活が一変し、色々な側面で変化(特に悪い面での変化)があった年でした。 

しかし、少なくとも一つは良いことがありました。私のクラブが、東京の中心部にある多くのトーストマスターズクラブの一つとパートナーシップを開始したことです。私たちのクラブ、東京広尾ロータリークラブは多国籍の会員が所属するクラブで、コミュニケーションは主に英語です。この意味でも、東京アメリカンクラブトーストマスターズ(TAC)は、私たちにとって完璧なパートナーです。双方のクラブの会員が以前から知り合いというケースもあり、互いに国際的なコミュニティの中で活動してきました。   

東京広尾ロータリークラブ、TACトーストマスターズ、Canadian International Schoolインターアクトクラブの合同会合

数回の会合を通じ、お互いについて知り合い、大都市東京でどんな活動ができるかについてアイデアを交換することができました。トーストマスターズは、プレゼンテーションやスピーチを「マスター」する団体です。一方でロータリーには、奉仕プロジェクトや支援を必要とする人たちへのサポートという強みがあります。この二つの団体が力を合わせることに大きなメリットがあるというのは明白でした。 

12月に互いの会合に参加した後、トーストマスターズの代表者が私たちの奉仕プロジェクト「Run-for-the-Cure」(乳がん撲滅運動のためのランニングイベント)に参加してくれました。 

ブレインストーミングの昼食会合で話すTACトーストマスターズ会長

さらに、トーストマスターズの皆さんが、私たちロータリアンが支援するCanadian International Schoolインターアクトクラブに対し、スピーチの上達法を指導することに同意してくれたのです。 

2021年3月15日には、ロータリアンのグループが、トーストマスターズクラブが主催するWorld Speech Day(世界スピーチデー)のイベントに参加しました。

私たちのパートナーシップはまだ始まったばかりです。今後、東京においてより大きなインパクトをもたらしていくために、草の根レベルで協力できる可能性が多くあると確信しています。

<関連ページ>
>>トーストマスターズとのアライアンス
>>ローターアクターからトーストマスターへ
>>ロータリーとトーストマスターズに人生の意味を見つける
>>スピーチの腕前を上げる一つの近道

<最近の記事>
>>緑の遊歩道プロジェクト
>>日本のロータリー100周年
>>コロナ禍で考える:疾病予防におけるロータリーの役割

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中